プリウスの市場動向

プリウスをオ−クションに出してみませんか?

 

>>30分で結果が出るオ−クションの詳細はこちら<<

 

ディ-ラ-や買取業者が入札するオ−クションに参加出来る様になりました。
買取業者との交渉が面倒だとお感じの方は是非、お試しください。

 

 

プリウスの市場動向

 

 

 

 

トヨタが世界に誇るプリウスですが世界初のハイブリッドカーとして
発売を開始して以来大きな売り上げを記録してきました。

 

 

「ハイブリッドカーと言えばプリウス」というイメ−ジが定着するほどの
人気で日本を代表する車種へと大きく変貌を遂げました。

 

 

初代、二代目までは搭載されているハイブリッドシステムこそ高く評価されて
いましたが、車としてのスタイルに面白みがなく今一歩というところでした。

 

 

しかし、グッと引き締まったボディの三代目は「昔ながらの堅実なトヨタ車」という
伝統を守りつつも、斬新なスタイルの融合に成功、爆発的な人気を呼びました。

 

 

 

 

 

 

若い世代から年配の方まで男女を問わず注目される車になりましたが
その人気の高さは中古車業界においてもしっかり反映されています。

 

 

高年式車であれば中古と言えど簡単には手が出せないほどの値付けとなりました。
新型がリリ−スされてからは乗り換えが殺到し、旧型車両が中古車業界に
流れて来たため、中古車の価格も大きく下がりました。

 

 

この傾向はプリウスに限らずどんな車でも同じです。
しかし、ここからがプリウスの凄いところです。

 

 

普通ならこのままの状況で車両価格は徐々に下がっていきますが、プリウスは
一旦価格が下がった後に持ち直し、現在では高い水準を維持しています。
グレ−ドに関係なく高値で取引されているのです。

 

 

しかも、普通であれば値段が付かない10万キロ走行の過走行車や、高年式車
もっと踏み込んで初期型のプリウスなどにも意外な高値がついています。
これは他の車種では絶対に付かない値段です。

 

 

旧型になって車両価格が下がった事でこれまで買換えを控えていた顧客が購入を
始めたと言えます。プリウスの新車販売価格は200万円を超えます。燃費が
良いと言っても気軽に購入出来る金額ではありません。

 

 

燃費が良い車なら価格の安い軽自動車の方が維持費も安くコストパフォーマンスに
優れています。しかし車両価格が下がった今なら、十分購入対象車になる訳です。

 

 

この様にプリウスは普通の中古車よりも高いレベルの価格帯を維持していますから
買い取ってもらう場合は、年式が古くても走行距離が多くても弱気にならず強気で
交渉していくべきでしょう。

 

 

「古い車だから値段が付けば・・・」

 

 

などのセリフは絶対に喋ってはいけません。安く買い叩かれるだけです。
弱気な姿勢は見せない様に気を付けましょう。

 

 

 

プリウスが意外な高値で取引されている本当の理由、それは・・・

 

 

プリウスが高値で取引されている本当の理由は海外で
凄まじい人気があり恐ろしいほど売れているからです。

 

 

もともと日本車は海外では大人気でした。我々が売却する中古車の三分の一は
海外に輸出されています。その理由は品質が非常に良いからです。

 

 

普通の感覚であれば10年10万キロ走った車は廃車扱いになります。査定に
出しても価格が付きません。しかし海外であれば普通に50万キロから100万キロ

 

 

更には動かなくなるまで乗り続けます。車のボディがダメになっても
エンジンが動けばボ−トなどの動力源に再利用されます。

 

 

アメリカやヨ−ロッパ諸国でさえもメンテナンスを行いつつ数十万キロもの距離を
走ります。さすがにこれだけの距離を走るのにはメンテナンスは欠かせませんが
定期的に修理を施せば車なんて何十万キロも走れるのです。機械部分よりも
先にボディの方が痛んで使えなくなる程です。

 

 

日本と海外の車に対する意識の差は価値観の差と言ってもいいでしょう。普通の日本人は
車はメンテナンスフリ―で乗れると思っています。昔の車と違い生産技術の向上から最近の
車は滅多に壊れる事はありません。

 

 

最低限オイルの交換はしますが、その他の修理は車検の時に行えば十分です。消耗品の
タイヤですら、おとなしい走りなら数年は余裕で使えます。何も特別な事をしていなくても
普通に走行できるのです。

 

 

それに国民性も穏やかなので安全第一の運転です。しかも車検制度も厳しく
保険にも入っています。もし事故を起こしても直ぐに修理するし洗車も
キチンと行う。車を非常に大切に扱うのです。

 

 

しかし穏やかな国民性とは裏腹に10年10万キロになれば(ここまで行かなくても
途中で買い変えます)廃車と思っている。日本とは贅沢な国なのです。日本で
乗られていた中古車は海外の人々にとっては垂涎の的なのです。

 

 

そんな日本の中古車の中でも圧倒的な燃費性能を誇り、環境にやさしいプリウスは特に
人気がある車です。これまではハイブリッド車の修理技術がなく、部品供給の面でも
問題があったのですが徐々に輸出される様になり次第に普及していきました。

 

 

近年では修理の問題やパ−ツ不足の問題も解消されてきており、かなりの台数が輸出
されるようになりました。特にモンゴルなどは日本と友好関係にある為か非常に
人気があり町中がプリウスだらけで驚く程です。

 

 

この様な海外需要の大幅な変化に伴い国内の業者間での相場が大きく上昇しているのです。
これまでは輸出業者が値段のつかない高年式の古いプリウスをただ同然でオ−クションで
仕入れて海外に輸出、大きな利益を上げていたのですが

 

 

 

 

海外で高く評価されている事が知れ渡り、業者間の取引の相場も上がっています。
プリウスの海外相場の詳しい情報は入手していないので分かりませんが30系だけでなく
初期型や二代目プリウスにもかなりの高値がついているとの事です。

 

 

間違っても無償で譲渡したり廃車にしてしまわない様に注意しましょう。

 

 

編集後記

 

 

今回は海外でのプリウス人気について取り上げましたが、最近仕入れた情報によると
トヨタのカロ−ラも海外で凄まじい人気を誇る車だという事が分かりました。

 

 

カロ−ラはプリウスが登場するまでトヨタの看板車両で1960年代後半から2000年代
にかけて世界中で販売されました。累計売上台数は4000万台以上です。

 

 

単一車種でこれだけ売れた車はカロ−ラだけです。知名度は非常に高い車なのです。
壊れにくいうえに燃費も良い、しかも車を大切に乗る日本からの中古のカロ−ラなので
人気があるのです。日本では輸出業者が奪い合いをする程です。

 

 

海外で特に売れているのがアフリカ諸国です。タンザニアではタクシ−に使われています。
丈夫で長く乗っても壊れにくい上に、燃費も良い、しかもスペアパ−ツも豊富なので
修理をして長く乗り続ける事が出来ます。

 

 

 

 

タンザニアではタクシ−は「白」と決められているので白いカロ−ラが町中を
走り回っています。独特な光景です。

 

 

 

 

今、古いカロ−ラをお持ちの方は絶対に廃車にせず買取業者に買い取って
もらいましょう。

 

 

 

プリウスを高値で売却している人は無料一括査定を利用しています

 

愛車のプリウスを高値で売却するには無料一括査定を利用するのがポイントです。
複数の業者に競合させることで更なる高額買取が期待できます。

 

 

 ズバット車買取比較

 

  

 

プリウス 買取

 

 

利用者の7割が5万円以上の査定額アップを体験した一括査定。
オークション感覚で一番高い買取業者が選べます。

 

 

 

 

 

 かんたん車査定ガイド

 


 

 

大手買取業者による安心査定と高額買取
東証一部上場企業による安心の運営

 

 

 

 

 

 カーセンサーnet

 

 

 

 

最大30社の一括査定が可能。自分で買取業者を選択する事も出来ます。
買取業者との連絡がメールで出来るのはカ-センサ-だけ。